fc2ブログ

2016(平成28)年第1回漢字検定の結果!

本日、第1回漢字検定の合格証書が届きました!!受検した生徒には8月集中授業の初日にお渡しします。第1回ということもあり今回の漢字検定の受検者はそれほど多くありませんでしたが内部生の合格率は96でした!!!特に小学生の合格率100%はすばらしい結果です!


小学生の中には「満点賞」を獲得した子も!!
漢字検定は満点合格すると合格証書とは別に「満点賞」の賞状がもらえます。今回は小4K君が満点合格でした。よくがんばりましたね!! 



満点賞1
「満点賞」



第1回漢字検定合格証書
今回の合格証書の一部。

さて、中学生が受ける代表的な検定は、英語検定と漢字検定です。
千葉県の公立高校入試では英検・漢検準2級以上を持っていると調査書の特別活動の記録で評価される高校があります。市立稲毛高校や検見川高校・千葉南高校・千葉北高校・千葉商業高校などがそうです。私立高校では千葉明徳高校のように英検・漢検3級以上を取得するとそれぞれにおいて出願時に加点(※内申点に+2点まで加点)できる高校もあります。このように検定試験は取得しておいたほうが入試制度上でお得なのです。

ただし、勉強しないことには合格しません!!!
公立高校を目指しているのなら、できれば中2のうちに、遅くとも中3の早いうちに英検準2級を取得することを目標に勉強すると良いです。英検準2級は高1レベルですが、中3までの英文法・語彙レベルでも十分合格可能です

中2のうちに英検準2級を目指して勉強するということは、言い換えれば高校入試レベルの文法・語彙を先取りして勉強できるということです。先取りして勉強しておくと、入試対策が他の人より早くできるメリットがあります。
高校入試は、中学入試や大学入試に比べて短期決戦である分、他の人より入試対策を早く始められるということは、それだけでものすごく有利です。

また、漢検も中1からコツコツと取っておきましょう。中3までに3級、あるいは準2級あたりを目指して勉強しておくと良いです。
千葉県の高校入試でも漢字の読みや書き取り問題が18点分出題されますが、入試直前に漢字ばかりを一生懸命練習している暇はほとんどありません

しかも高校入試で出題される漢字は、小学校~中学校までに習う漢字なので非常に幅広く、
直前に一生懸命漢字の勉強したからと言って、本番でそれがピンポイントに出題されるとは限りません。だからこそ、漢字検定を通して、日頃からコツコツと漢字の勉強をしておくことが非常に重要になります。中学受験生は6年生までに3級、高校生は高3までに2級を目指すと良いでしょう。

第2回英語検定・漢字検定は、当塾では
10月を予定しています。塾生はもちろんのこと塾生でない方の受検も受け付けております。奮ってご参加ください!!

検定で内申アップ!
~おまけ~
eトレ大演習日
eトレ大演習日の一部(千葉校)

8月2日と4日のeトレ大演習日の様子(※教室の一区画)です。ここに写っていない生徒を含め、みんな膨大な演習量を黙々とこなしていました。




にほんブログ村 受験ブログ 予備校へ
にほんブログ村 受験ブログへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

img { pointer-events: none; } img { -webkit-touch-callout:none; -webkit-user-select:none; -moz-touch-callout:none; -moz-user-select:none; touch-callout:none; user-select:none; }