fc2ブログ

戒翁寺(神奈川県川崎市麻生区)を訪問しました

芳林山 向嶽禅院 戒翁寺(→神奈川県川崎市麻生区早野)は、戦国時代の天正年間(→1573年~1591年)に夏蒐山 修廣寺(→神奈川県川崎市麻生区片平2丁目)の3代住職玄頓和尚(げんとんおしょう)によって開山されたと伝わる曹洞宗寺院です。1590(天正18)年に小田原北条氏が滅亡すると北条家臣の庇護を失い衰退しましたが、江戸時代初期の寛永年間(→1624年~1645年)に北条遺臣から幕府旗本に取り立てられた富永重吉(とみながしげよし)が早野村の領主となり、幕府から寺領5石5斗を賜ったこともあり中興されました。江戸時代には本山・末寺の制により夏蒐山 修廣寺の末寺として幕藩体制の一翼を担いました。

戒翁寺近くの御堂山(おどやま)には、地元の人々から「殿様の墓」と呼ばれている石造の五輪塔が4基あります。これは領主の富永重吉とその一族の墓所(もしくは供養塔)といわれ、御堂山では現在でも遺跡等の発掘調査が続けられています。


戒翁寺は江戸時代後期の1830(文政13)年に編纂された『新編武蔵風土記稿』都筑郡早野村の条には次のように記されています。

**************************
戒翁寺
境内御朱印地(→幕府から拝領した寺領)、村の東にあり、禅宗曹洞派片平村修廣寺の末、芳林山と号す、開山貴山玄頓、天正十九年(安土桃山時代後期→1591年)十一月二十六日寂す、開基は此所の地頭富永主膳正源光吉、天保三年(江戸時代後期→1832年)十二月十六日卒す、客殿七間半に六間半、西向(にしむき)なり、本尊如意輪観音木の座像一尺五寸(→約45cm)なるを安す、慶安二年(江戸時代前期→1649年)十月十七日、高五石五斗の御朱印を賜はれり。

**************************

【戒翁寺の山門】
戒翁寺2

戒翁寺3



【戒翁寺の本堂】
戒翁寺4



御堂山(おどやま)の発掘玄蕃】
戒翁寺1


**********************************
↓↓夏蒐山 修廣寺について


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

img { pointer-events: none; } img { -webkit-touch-callout:none; -webkit-user-select:none; -moz-touch-callout:none; -moz-user-select:none; touch-callout:none; user-select:none; }