fc2ブログ

月読神社(神奈川県川崎市麻生区)を訪問しました➀

月読神社(→神奈川県川崎市麻生区上麻生)は、戦国時代の1534(天文3)年に麻生郷の領主小島佐渡守が伊勢神宮別宮の月読宮を勧請じ、居所の亀井城(→月読神社の敷地内)の東に社(やしろ)を建てたのが始まりです。江戸時代には上麻生村と下麻生村の鎮守社として崇敬を集めていたといいます。明治時代後期の1906(明治39)年に一村一社の勅令が発布され、全国的に一村一社運動が展開されます。月読神社も近隣の白山神社(山口谷)・熊野神社(上麻生)・日吉神社(下麻生)と合祀され「麻生神社」(あさおじんじゃ、村社)となりましたが、月読神社の号は全国でも稀有であることから再び分祀され現在に至ります。なお、南の参道から境内にかけて「下麻生亀井古墳群」があり、円墳が1号墳~3号墳まで確認できます。

〖祭神〗
月読命(つくよみのみこと)
大日(おおひるめのみこと)
 →天照大神(あまてらすおおみかみ)のこと
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
白山姫尊(しらやまひめのみこと)


月読神社は、江戸時代後期の1830(文政13)年に編纂された『新編武蔵風土記稿』都筑郡上麻生村の条に「月読社」として次のように記されています。

********************************
上麻生村
月読社
除地一段村の東にあり、三間四方、神体は座像にて長(ながさ)一尺(→約30cm)ばかり、当村ならびに下麻生村の鎮守にして、例祭は年々九月二十九日、村民の持(もち)なり。

********************************

【月読神社の鳥居】
月読神社5

月読神社6



【月読神社の社殿】
月読神社3

月読神社2



【月読神社の祠】
月読神社7

月読神社8

月読神社10



【月読神社の境内】
月読神社1

月読神社4
(下麻生亀井古墳群の円墳)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

img { pointer-events: none; } img { -webkit-touch-callout:none; -webkit-user-select:none; -moz-touch-callout:none; -moz-user-select:none; touch-callout:none; user-select:none; }