fc2ブログ

早野子ノ神社(神奈川県川崎市麻生区)を訪問しました

早野子ノ神社(→神奈川県川崎市麻生区早野)は、江戸時代の1703(元禄16)年9月26日に創建された神社で、別当寺を持たず村民が祭祀を司ったと記されます。社殿は1734(享保19)年5月と1928(昭和3)年に再建されたようです。

1921(大正10)年に国の一村一社政策を受け近くの稲荷社・浅間社が合祀されました。1928(昭和3)年には神饌幣帛料供進神社(しんせんへいはくりょうきょうじんしゃ)となり、勅令に基づいて神奈川県知事から例祭などの神饌幣帛料(→金銭)が贈られるようになりました。現在は日本国憲法の政教分離の原則に基づき、「幣帛料」は県知事からではなく神社本庁から贈られます。もちろん贈られるのは毎年神社本庁に上納金を納めている本庁管轄下の神社に限られます。

〖主祭神〗
大己貴命(おおあなむちのみこと)
〖祭神〗
木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)


早野子ノ神社は江戸時代後期の1830(文政13)年に編纂された『新編武蔵風土記稿』都筑郡小机領王禅寺村の条に次のように記されています。

*************************
子ノ神社
除地一段歩、村の北さかひにあり、社は二間に一間半南向(みなみむき)なり、社前に鳥居を立、村の鎮守にして例祭年々九月十九日なり、村持、以下四祠は村民持。

浅間社
除地一段一畝、村の北にあり、南向(みなみみき)なり、例祭は六月朔日。

稲荷社
村の中央地頭林の内にたつ、西向(にしむき)なり。

第六天社
これも同じ辺(あたり)にあり。

神明社
同じ処(ところ)にあり。

*************************

【早野子ノ神社の鳥居】
早野子ノ神社の鳥居1

早野子ノ神社の鳥居2

早野子ノ神社の鳥居3



【早野子ノ神社の狛犬・石燈籠】
早野子ノ神社の境内5

早野子ノ神社の境内6

早野子ノ神社の境内7

早野子ノ神社の境内8

早野子ノ神社の境内9

早野子ノ神社の境内10



【早野子ノ神社の拝殿】
早野子ノ神社の拝殿1

早野子ノ神社の拝殿2

早野子ノ神社の拝殿3

早野子ノ神社の拝殿4

早野子ノ神社の拝殿5

早野子ノ神社の拝殿6

早野子ノ神社の拝殿7



【早野子ノ神社の本殿】
早野子ノ神社の本殿1

早野子ノ神社の本殿2

早野子ノ神社の本殿3

早野子ノ神社の本殿4

早野子ノ神社の本殿5

早野子ノ神社の本殿6

早野子ノ神社の本殿7



【早野子ノ神社の境内】
早野子ノ神社の境内1

早野子ノ神社の境内2

早野子ノ神社の境内3

早野子ノ神社の境内4

早野子ノ神社の境内追加1

早野子ノ神社の境内追加3

早野子ノ神社の境内追加4

早野子ノ神社の境内追加5

早野子ノ神社の境内追加6

早野子ノ神社の境内追加7



【早野子ノ神社の忠魂碑・従軍碑】
日露戦争で第三軍を率いた乃木希典(のぎまれすけ)陸軍大将の筆による戦捷(→勝)記念碑があります。要するに乃木の命令によって無念の死を遂げた旧早野村の兵士の忠魂碑です。

早野子ノ神社の忠魂碑1

早野子ノ神社の忠魂碑2

早野子ノ神社の忠魂碑3

早野子ノ神社の境内追加2

早野子ノ神社の境内追加8



【早野子ノ神社の地蔵尊】
早野子ノ神社の地蔵1

早野子ノ神社の地蔵3

早野子ノ神社の地蔵4

早野子ノ神社の地蔵5

早野子ノ神社の地蔵6


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

img { pointer-events: none; } img { -webkit-touch-callout:none; -webkit-user-select:none; -moz-touch-callout:none; -moz-user-select:none; touch-callout:none; user-select:none; }