fc2ブログ

駕籠塚(神奈川県横浜市旭区)を訪問しました

駕籠塚(かごづか→神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰本町2丁目)は、1205(元久2)年6月22日の畠山重忠の乱(二俣川合戦)で討死した鎌倉幕府草創期の功臣・畠山重忠の内室・菊の前(→足立遠元の娘)の墓所と伝わる史跡です。二俣川合戦の報を聞いた菊の前は駕籠(かご)に乗り二俣川の陣に駆けつけますが、すでに合戦は終わっており、幕府軍(北条軍)の愛甲季隆が放った矢により重忠が討死したことを知った菊の前は自害したといいます。「駕籠塚」の名は、菊の前の遺骸が自害した場所に駕籠ごと埋葬されたことに由来しますが真偽の程は定かではありません。

足立遠元と畠山重忠
足立遠元と畠山重忠(NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」/画像提供: NHK)
※どちらも北条時政の娘婿

畠山重忠の正室1
畠山重忠の正室(NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」/画像提供: NHK)

畠山重忠の正室は北条時政の六女ですが、彼女は重忠の死後に北条時政の命令で足利義兼(あしかがよしかね)の庶長子・足利義純(あしかがよしずみ)と再婚し、畠山氏の遺領と名跡を継承しました。足利義純は以後畠山義純を名乗り源姓畠山氏の始祖となりました。のちに室町幕府の三管領(→細川氏・斯波氏・畠山氏)となる源姓畠山氏(足利畠山氏)の誕生です。

駕籠塚はわずか1行ですが、江戸時代後期の1830(文政13)年に編纂された『新編武蔵風土記稿』都筑郡今宿村の条に次のように記されています。

*******************************
今宿村
駕籠塚
北東の隅にあり。

*******************************

【駕籠塚の入口】
駕籠塚の入口1

駕籠塚の入口3

駕籠塚の入口4

駕籠塚の入口5



【駕籠塚】
駕籠塚の入口6

駕籠塚1

駕籠塚2

駕籠塚4

駕籠塚5

駕籠塚6

駕籠塚7

駕籠塚3


******************************
途中の分岐に案内板があります。
駕籠塚の入口7


****************************************
〖畠山重忠の乱 関係史跡(2022年9月22日紹介分まで)〗
↓↓畠山重忠古戦場跡について
↓↓首洗い井戸・さかさ矢竹について

↓↓畠山重忠公首塚・畠山重忠公遺烈碑について
↓↓薬王寺・六ツ塚について


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

img { pointer-events: none; } img { -webkit-touch-callout:none; -webkit-user-select:none; -moz-touch-callout:none; -moz-user-select:none; touch-callout:none; user-select:none; }