fc2ブログ

新橋駅SL広場(東京都港区)を訪問しました

新橋駅SL広場(→東京都港区新橋2丁目)には、1872(明治5)年9月12日(新暦10月14日)に新橋駅(帝都)~横浜駅(開港地)に初めて鉄道が開通したことにちなみ、1972(昭和47)年に鉄道発足100周年を記念して当時の国鉄から港区に無償譲渡されたSL(→C11‐292)が展示されています。場所は現在のJR新橋駅の西口広場(SL広場)の公道上になります。

正式開通に先立ち1872(明治5)年5月に品川横浜(→現在の桜木町駅)間で開通し、所要時間は35分と記録されています。現在の京浜東北線で品川駅~桜木町駅間の所要時間が32分なので、猛スピードで蒸気機関車(SL)が走り抜けたことが分かります。

江戸時代に東海道を利用した旅人は1日平均10里(→約40km)の距離を歩いたといいます。早朝に日本橋を出発して夕刻に保土ヶ谷宿または戸塚宿に宿泊するのが一般的でした。徒歩で1日かかる距離を30分ほどで走るSL(→当時は「丘蒸気」と呼ばれた)は夢の乗り物だったことでしょう。

【新橋SL広場のC11‐292】
IMG_1692.jpg

IMG_1691.jpg

IMG_1694.jpg

新橋SL広場のSL3

新橋SL広場のSL2
新橋SL広場のSL4



【新橋SL広場のパネル掲示】
新橋SL広場のSLのパネル1

新橋SL広場のSLのパネル2

新橋SL広場のSLのパネル3

新橋SL広場のSLのパネル4

新橋SL広場のSLのパネル5

新橋SL広場のSLのパネル6


********************************
↓↓新橋駅の鉄道唱歌の碑を訪問しました


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

img { pointer-events: none; } img { -webkit-touch-callout:none; -webkit-user-select:none; -moz-touch-callout:none; -moz-user-select:none; touch-callout:none; user-select:none; }