fc2ブログ

御座松塚跡(東京都稲城市)を訪問しました

御座松塚跡(→東京都稲城市平尾3丁目)には、1873(明治6)年に枯死するまで「御座の松」と呼ばれた大松が植えられていたといいます。ここは分倍河原に通じる鎌倉街道で、1333(元弘3)年5月15~16日の分倍河原・関戸合戦新田義貞率いる討幕軍に敗れた幕府軍は、鎌倉への敗走の途上、ここ平尾でも討幕軍の追撃を受けました。隣接する麻生郷は鎌倉北条氏の一門(→金沢北条氏)の所領であったため、平尾郷民も幕府よりの者が多かったらしく、戦死した幕府方の兵を埋葬した塚をつくり、供養のため松を植えたといいます。地元では長らく「厄除け松」と呼ばれていたそうです。現在、平尾団地13号棟と栗木の間には「御座松塚跡」と記した二世松が植えられ、簡易ながら平尾合戦について記した説明版が建てられています。

なお、寺伝には残されていないようですが、討幕軍は平尾を抜けたのち現在の夏蒐山 修廣寺(→神奈川県川崎市麻生区片平2丁目)の前身となる台光寺を焼き討ちにしたと伝わります。

【御座松塚跡】
御座松塚跡1

御座松塚跡2


*******************************
↓↓分倍河原合戦について

↓↓関戸合戦について➀

↓↓関戸合戦について②

↓↓夏蒐山 修廣寺について


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

img { pointer-events: none; } img { -webkit-touch-callout:none; -webkit-user-select:none; -moz-touch-callout:none; -moz-user-select:none; touch-callout:none; user-select:none; }