fc2ブログ

松井須磨子の墓所(長野県長野市松代町)を訪問しました

日本初の歌う女優として大正時代に一世を風靡した松井須磨子(まついすまこ)は、本名を小林正子といい、1886(明治19)年3月8日に長野県埴科郡清野村(→現在の長野県長野市松代町清野)で旧松代藩士小林藤太の五女(9人兄妹の末子)として生まれました。1909(明治42)年に坪内逍遥(つぼうちしょうよう)の文芸協会の第1期研究生となり、『ハムレット』のオフェリア役や『人形の家』の主人公ノラなど多くの舞台で活躍し、新劇界を代表する女優となりました。

1913(大正2)年には島村抱月(しまむらほうげつ)とともに芸術座を組織し、トルストイ原作(島村抱月翻訳)の『復活』のカチューシャで全国的な人気を博し、彼女が歌った主題歌の「カチューシャの唄」は、当時のレコードで2万枚以上売り上げる大ヒットとなりました。1917(大正6)年にも『生ける屍』の主題歌「さすらいの唄」のレコードが5~6ヶ月の間に27万枚を売り上げています。

しかし、1918(大正7)年11月に恋仲にあった島村抱月が、当時世界的に流行したスペイン風邪(→現在のインフルエンザ)で急逝したため、翌年1月5日に東京市牛込区横寺町(→現在の東京都新宿区横寺町)の芸術倶楽部内で自殺しました(32歳)。抱月と須磨子の死により、芸術座は解散となりました。


松井須磨子2
松井須磨子(デジタル大辞泉より)
松井須磨子1
松井須磨子(長谷川時雨『近代美人伝』より)
松井須磨子1



【松井須磨子の生家・小林家】
松井須磨子の生家1

松井須磨子の生家2

松井須磨子の生家3



【松井須磨子の墓所】
松井須磨子の墓1

松井須磨子の墓4

松井須磨子の墓5

松井須磨子の墓6

松井須磨子の墓9

松井須磨子の墓7

松井須磨子の墓9


******************************
↓↓松井須磨子の演劇碑がある真光山 林正寺


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

img { pointer-events: none; } img { -webkit-touch-callout:none; -webkit-user-select:none; -moz-touch-callout:none; -moz-user-select:none; touch-callout:none; user-select:none; }