fc2ブログ

根小屋諏訪神社(神奈川県相模原市緑区)を訪問しました

根小屋諏訪神社(ねこやすわじんじゃ→神奈川県相模原市緑区根小屋)は、鎌倉時代初期の1192(建久3)年に筑井城(つくいじょう)を築城した筑井太郎次郎義胤(つくいたとうじろうよしたね)が勧請したと伝わります。神仏習合の頃は井木山寿性院(→現在は廃寺)が別当寺を務めました。

『津久井郡文化財神社編』によると、戦国時代には小田原北条氏の有力国衆であった津久井城主内藤景定(ないとうかげさだ)によって1527(大永7)年に50間4面の社領が寄進され、1536(天文5)年に社殿が改築されたと記されます。津久井は江戸時代に幕領となりますが、1676(寛文16)年に代官の守屋行昌(もりやゆきまさ)によって洪鐘(こうしょう→おおがね)が寄附されました。1802(享和2)年には神祇官卜部朝臣連(うらべあそんのむらじ)に願い扁額の奉納を受けたようです。


〖祭神〗
建御名方之命(たけみなかたのみこと)
〖境内社〗
正一位金丸稲荷社

根小屋諏訪神社は、江戸時代後期の1841(天保12)年に編纂された『新編相模国風土記稿』毛利荘津久井県根小屋村の条に「諏訪社」として次のように記されています。

*****************************
根小屋村
諏訪社
根小屋神社と号す、別当寿性院村中の鎮守、例祭七月二十六日。

鐘楼
洪鐘を懸く、御代官守屋左太夫行昌が寄附、県中八の内なりと云(い)ふ、寛文十六年(→1676年、江戸時代前期)某月日と刻す、銘文采録すべきに足らず、仍て略す。

*****************************
【根小屋諏訪神社の鳥居】
根小屋諏訪神社の鳥居1

根小屋諏訪神社の鳥居2


【根小屋諏訪神社の参道】
根小屋諏訪神社の参道1

根小屋諏訪神社の参道3

根小屋諏訪神社の参道4

根小屋諏訪神社の参道2


【根小屋諏訪神社の社殿】
根小屋諏訪神社の社殿1

根小屋諏訪神社の社殿2

根小屋諏訪神社の社殿3

根小屋諏訪神社の社殿4

根小屋諏訪神社の社殿5


【根小屋諏訪神社の本殿】
根小屋諏訪神社の本殿1

根小屋諏訪神社の本殿2

根小屋諏訪神社の本殿3


【根小屋諏訪神社の境内社(金丸稲荷社)】
根小屋諏訪神社の境内社1

根小屋諏訪神社の境内社2

根小屋諏訪神社の境内社3


【根小屋諏訪神社の境内】
根小屋諏訪神社の境内1

根小屋諏訪神社の境内4

根小屋諏訪神社の境内3

根小屋諏訪神社の境内2
神木のスギは「かながわ名木100」に選ばれ、高さ40ⅿ、胸高周囲6.3ⅿあります。

IMG_3081_20240515022059ba0.jpg

根小屋諏訪神社の参道5

根小屋諏訪神社の境内5


*****************************
↓↓津久井城について

↓↓飯縄神社について


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

img { pointer-events: none; } img { -webkit-touch-callout:none; -webkit-user-select:none; -moz-touch-callout:none; -moz-user-select:none; touch-callout:none; user-select:none; }